“SKINSは活動を共にするパートナー” 女性アングラーであり
インストラクター「ペルビー貴子」のコンディショニング作りとは

ペルビー 貴子
アングラー

「釣って!食べて!幸せ」――― 骨盤ダイエットや栄養指導のインストラクターとして活動しながら、プロの女性アングラー(釣り師)としても近年大注目されているペルビー貴子さんは、SKINSがサポートさせて頂いているアンバサダーの中でも異色の存在。
地元大阪を拠点に日々のダイエットのレッスンで生徒さんたちと一緒に身体を動かしながら、年間70回以上は日本各地に飛び回り大物の魚を求めて海に出るという生活。そんなハードな活動の中でも、いつも笑顔で疲れを一切感じさせない彼女。そのコンディションはどのようにキープされているのか?

「動いて食べて健康になろう!」がコンセプト

まずは「骨盤ダイエット」「栄養指導」のインストラクターとしての活動についてお聞きしたいのですが、どのような経緯でこのお仕事をはじめられたのですか?

母が骨盤ダイエットと栄養指導の先生をしておりまして―――、私自身、昔は体重が70kgぐらいあったんですけど、ある時期、母に指導してもらって3ヶ月で20kg落としたことがあったんです。全くしんどくなく、リバウンドもなくて、その経験がきっかけで私自身も指導出来るようになりたいと思いました。 具体的には、骨盤矯正の動きを取り入れた有酸素運動が中心で、わかりやすく言うとエアロビクスみたいな感じで音楽をかけながら有酸素運動を20分間。その後に少し筋トレを加えて、最後にピラティスやストレッチを取り入れるという60分間のプログラムです。コンセプトは、皆さんそれぞれの生活に合わせて「動いて食べて健康になろう!」です。生徒さんには男性も女性もいらっしゃいますし、年齢も一番小さい方で中学校1年生から、最もご年配の方で67歳の男性がいらっしゃいます。

女性アングラー(釣り師)としても活躍されていますが、釣りとの出会いは?

骨盤ダイエットで活動している傍ら、モデルやタレントもさせて頂いてたんですが、ある時期からテレビのお仕事をもっとしたいと思うようになったんです。その時に出会ったのが大食い選手権だったんです(笑)。もともと食べることが大好きだったので、いっぱい食べたらテレビに出られる!と思って。そしたら地方大会で優勝、全国大会でも4位になったんです。それをきっかけに少しずつテレビ番組からも声をかけていただきました。もちろん体型は維持しながらなので、大食いのロケの前日と翌日は骨盤ダイエットでしっかり動いて、毎朝食べる物も野菜とお魚を中心にしていました。

それで毎朝食べていたお刺身をFacebookにアップしていたんです。そしたらそれを見た釣り番組の方に、毎朝お刺身食べているということで目を付けていただいて、釣り番組のオーディションのオファーを頂いたんです。

その時点では釣りのことは無知だったんですか?

全く無知です。お刺身がただただ好きなだけでした(笑)。だからオーディションでも「お刺身が好きです!」としか言ってなかったですね。そしたら有りがたいことに番組に呼んで頂くことができました。

それをきっかけに釣りをはじめたんですが、釣れたてを船で食べるのがもう最高で!いつも釣り道具の中にお醤油・ワサビ・割り箸・ナイフを入れてます。ルアーよりも醤油とワサビです(笑)。そこからどんどんのめり込んで―――、体育会系で負けず嫌いということもあって、1回船に乗ったら釣れずに帰って来た事はないです!これまでの最高が36kgのマグロなんですけど、もう釣ったときは武者震いがとまりませんでした!

画像

いつも釣りの最中はアームスリーブとロングタイツ。
移動中もロングタイツを穿くことで次の日の動きが全然違いますね

釣りはとにかく体力が必要というイメージですが、実際は如何ですか?

とても体力が必要ですね。去年は年間で約70回くらい海に出たんですけど、マグロとかを釣りに行く時は、1ヶ月ぐらい前から筋トレしておかないと(身体が)持っていかれちゃうので。ルアーを巻くのも、40分間くらいはファイトしているんですよ。体幹も含めてしっかり身体をつくっておかないと、海が荒れたときなんかは落ちて流されてしまう危険もあります。

そのために普段どのようなトレーニングをしていますか?

基礎トレーニングとして、毎朝6時半に起きて、7時から20分間早歩きで有酸素運動をして、その後10分間はゆっくり腹筋・スクワット・20回程度の背筋・片足でバランスを取るなどをします。 そこからシャワーを浴びて朝食。鶏肉とお魚の切身といったタンパク質と、お味噌汁、玄米などを食べるようにしています。あとは釣りのために大事なのは握力と腕力。重いダンベルを持って鍛えるなど、漁師さんに教わったトレーニング方法を実践しています。それをするようになってからルアーを巻く動きが楽になりました。あとは、スクワットですね。海に出る1週間くらい前から1日100回程度するようにしています。

画像

負担もかなり溜まると思いますが、どのようなケアをされていますか?

ケアという面では、SKINSのインナーをかなり愛用させてもらっています。いつも釣りの最中はアームスリーブ(腕)とロングタイツを着用しています。着けている間はまだまだいける!という感じです。釣りって本当に体力がいるので、他にも愛用しているプロの方が多いです。あとは移動中ですね。遠方だと船に乗っている時間も合わせると1日中移動していることもあるんです。そういうときも着用することで次の日の動きが全然違いますね。

お気に入りのSKINS商品はありますか?

やっぱりロングタイツです。釣りの時も骨盤ダイエットのレッスンの時も着用しています。身体の負担が軽減できることはもちろんですけど、汗をかいてもベタベタしないのも良いですね。遠征の時は荷物も多いんですけど、たたんでしまえば小さくて持ち運びが楽なところも気に入ってます。

どのような人にSKINSをおすすめしたいですか?

釣りをはじめスポーツをされている方はもちろんですが、主婦の方々にもオススメです。骨盤ダイエットには産後のママも来てくれるんですが、レッスン後に赤ちゃんのお世話をしないといけない、家事をしないといけないっていう人が多いので、SKINSを着用したまま家事をしてみてはということでオススメしていますね。

ありがとうございました。最後に、ペルビーさんにとってのSKINSをひとことで言うと?

釣りの時もレッスンの時も、移動時も家に帰ってからも、常に一緒にいるパートナーです。

画像

ペルビー 貴子ぺるびー たかこ

アングラー

2013年より骨盤メソッドインストラクターの資格取得後、2015年に食育インストラクター、健康料理研究家の資格を取得。2016年より、骨盤ダイエットと栄養指導を合わせた健康パーソナルトレーニングを独自でスタート。2018年にはペルビー貴子考案のコタラヒムブツ配合ダイエット健康補助食品【コタラミント】を販売。現在は健康セミナーで全国各地へ指導に回りつつ、会社を設立させ、''食と運動を通して健康的な身体づくり''を配信している。